疾患Q&Aトップに戻る

症例詳細

No.120  緑内障患者さんの日常生活

緑内障で通院中です。毎日目薬を点けて、1ヶ月に1回通院しています。担当の先生はとても気さくな先生で、それはいいのですが少しずつ悪くなっているように思います。

日常生活では特に注意することはないと聞いていますが、本当に何もしなくて良いのか心配です。日常生活で注意することがあれば教えてください。(42歳女性)

そうですね。ご担当の優しい先生が言われる様に日常生活では、極端に変わった生活をしない限りあまり神経質になる必要はありません。エビデンスは高くない、つまり可能性があるかもしれないというレベルですが少し復習してみましょう。基本的には眼圧が上がることが緑内障には悪いので、眼を心臓より下にしない様にすることです。

起きている時よりも、寝ている時の方が眼圧は少し上がりやすいです。とは言ってもヒトは睡眠を少なくして良いことはありませんので、できればという程度ですが、うつぶせ寝よりは仰向けの方が良いと思います。緑内障が悪い方の眼が下側になった側臥位(横向き)は、避けましょう。水中にずっと潜っていたり、逆立ちし続けることは、良くないと思います。食事は、あまり注意する必要はありませんが、フルーツや緑黄色野菜は良い可能性があります。

コーヒーは良くないとする論文もありますが、はっきりしませんので、食物については身体に良さそうなものは悪くないと考えましょう。ジョギングなどの有酸素運動は良いですが、ウェイトリフティングやポーズを強いるヨガや長い息こらえは良くない可能性があります。水泳は有酸素運動として良いかもしれませんが、ゴーグルの装着は良くない可能性があります。

アルコールは関係ないとされることが多いですが、水と同じで短時間で数リットルも飲めば良くない可能性があります。どれも確実とは言えませんが、身体に悪いこととわかっていてやることや記載したすべての悪いことを積み重ねれば、緑内障が悪化してしまう可能性もあるかもしれません。ですが、あまりに神経質になる必要はないと思います。

2017年05月