疾患Q&Aトップに戻る

症例詳細

No.26  チカチカと光ります(光視症)

数日前から、時々チカチカと光が飛んでいるように見えます。誰かに懐中電灯を照らされたわけではありませんし、明りの方を見た時ではありません。 右目の上の方に見える気がするのですが、見ようとすると消えてしまってよくわかりません。

痛くもかゆくもありませんし、見えにくさも感じません。1日の中でも、感じる時と感じない 時があります。目の病気でしょうか、それとも脳梗塞の前触れでしょうか。(28歳女性)

光に照らされていないのに、キラキラもしくはチカチカやピカピカと光が飛んでいるように感じる現象を光視症と言います。網膜の急激なひずみによって電気信号が伝わり、 光視症として感じるものが、網膜剥離の前兆とされます。特に飛蚊症が直後に起こった場合には、要注意です。

しかし、多くの場合は生理的な硝子体の動きによる網膜の牽引によるもので 心配ありません。ぼんやりと見ているとキラキラが激しく動いているようにみえるものは自分の網膜血管の白血球像である場合があります。頸動脈閉塞性疾患による網膜の虚血による 場合や、急性視神経炎でも出ることがあるようです。

音に誘発される光視症では視神経障害の可能性が考えられます。脳腫瘍などの圧迫性病変では、視野欠損に先行して光視症が生じる とされます。数分から数十分続くギザギザ様の光は、片頭痛の一症状として有名です。てんかんや一過性脳虚血発作でも起こるとされます。抗マラリア薬などの薬の中毒でも光視症が 起こるそうです。

このようにいろいろな場合があり、病気でないことが多いかも知れません。ですが、時に重症の病気であることがありますから、早めに眼科を受診して精密検査を 受けることをお勧めします。この場合には点眼薬により瞳を拡げて眼底を詳細に検査しますので、検査後は見えにくくなりますから、自動車を運転して受診しない方が良いと思います。

2009年06月